リーダーズ式☆3つの「強み」

リーダーズ式☆3ステップ学習法

リーダーズ式

  1. STEP1理解
    テキストを読む作業と、過去問・問題を解く作業を同時並行的にリンクさせながら、問題作成者のキキタイコトを「理解」する。
    STEP2集約
    問題作成者のキキタイコトを、出題パターンとして抽出し、問題の処理マニュアルとして記憶ツールであるリーダーズ式☆総整理ノートに「集約」する。
    STEP3記憶
    この「記憶」ツールであるリーダーズ式☆総整理ノートを何回も見直して、知識の精度を高めていく。

反転授業

リーダーズ式

反転授業とは、一般に、「説明型の講義など基本的な学習を宿題として授業前に行い、個別指導やグループワーク学習など知識の定着や応用力の育成に必要な学習を授業中に行う教育方法」のことをいいます。
教室で一斉授業を聞き、自宅で演習等を行いながら復習するという、従来の授業スタイルを反転させたところに、その名前の由来があります。
反転授業は、2000年代後半から米国の初等中等教育を中心に拡がり、日本では、2012年頃から関心が高まり、現在では、大学や企業内研修等でも拡がりつつあります。
リーダーズ総合研究所でも、講義は基本的にはオンライン化して効率化を図り、ライブは少人数制のゼミの実施により、対話的・協働的な学習を増やして、応用性を高める講座モデルを導入していきます。

 

反転授業に基づくゼミ形式の授業は、
①東京で実施予定の月例会(ゼミ)
②東京・大阪・名古屋で実施予定のリーダーズゼミ
③東京・大阪・名古屋・福岡で実施予定のGW・SWゼミなどを用意しております。

 

このような反転授業には、わからないところを講師に聞いたり、グループワークなどの相互作用によって、内容の理解がより深まると同時に、モチベーションの向上というメリットがあるといわれています。
リーダーズ総合研究所代表である山田斉明講師は、10年以上前より、講座の中に、この反転授業を取り入れたゼミを導入しており、行政書士試験の受験業界における第一人者でもあります。
オンライン講義+ライブゼミ
是非、皆さんも、この新しい反転授業に基づいた講座を体験してほしいと思います。

 

資格取得後のキャリアデザイン支援

リーダーズ式

資格取得後、自分自身のキャリアデザインの中で、その資格をどのように活かしていけばいいのかを考えることは、意外と難しいものです。リーダーズ総合研究所では、事務所経営準備講座、経営・マーケティング戦略セミナーなどを実施して、資格取得後の資格の活かし方について、皆様のキャリアデザインという視点から支援していきます。

 

リーダーズ入会案内

  • 講座のお申し込み
  • 各講座のご案内
  • 無料公開講座
  • お問い合わせ

入会ガイダンス動画

page top