合格者の声

『知識と知識のつながり!図解で理解するイマジネーション溢れる講座』

行政書士試験合格者 阿部 高広

皆様は、サッカー元フランス代表ジネディーヌ・ジダンさんをご存じでしょうか?
サッカー好きな方であれば存じている方も多いと思いますが、彼のイマジネーション溢れるプレーは幾つも私の脳裏に焼き付いています。そのプレーは世界中のサッカー少年達も『真似』したくなるものです。
私が、山田先生の講義を初めて受講した時、知識と知識が繋がっていくストーリーに、同じように魅了されました。
山田先生の講義で使う基本書・テキスト・パワーポイント等を、「一つのツール」に知識、図解等を工夫してまとめて、本試験の直前1か月~2か月間で、『集約したツールの暗記』の作業に没頭することで、サックと本試験に合格できるやり方であると共感致しました!

また、先生の講義を聴いて基本書を再読すると「理解」も増すと思いますので、お使いのツールに後で見ても解るように集約しておくことで、後半が楽になると思います。私の場合、先生が図解したものから、「ひらめき」を受けて覚えるのが苦手なテーマをオリジナルの図解をつくりました。
具体的には、行政不服審査法と行政事件訴訟法の仮の救済制度の要件です。ややこしい要件でしたが、私なりにスッキリしました!

最後になりますが、本試験では『自分を信じる力』も試されていると思います。日々の積み重ねが自分を信じる力として養われていくことを、私は、受験生活で感じることができました。
特に時間のない方は、勉強する時間をつくることに御苦労されると思いますが、合格されていった先輩方も、隙間時間を利用して覚える知識を絞って本試験に挑まれていますので、『細くても継続して続けて行く方法』も合格する戦略であると思いました。

末筆ではありますが、山田先生をはじめ応援して頂いた皆様、心からありがとうございました。