再受験生のための行政法☆強化プロジェクト

2022年対策☆行政書士講座
リーダーズ式
再受験生のための行政法☆強化プロジェクト

先手先手でアドバンテージを作る!
①配点が最も高い行政法を
②合格発表までの期間を有効に使って、
③具体的なケーススタディも取り入れて強化する!

対象者

行政書士試験再受験生

内容

①配点が最も高い行政法

行政書士試験は、法令科目のうち、行政法は、全体の約46%(244点中112点)を占めますから、行政法の出来・不出来が合否に大きな影響を及ぼします。そこで、再受験生のための行政法☆強化プロジェクトでは、行政法の強化を図ることができるカリキュラムを設定しました。
このように、配点が最も高い行政法を繰り返し学習することで、2022年合格へ向けて、先手先手のアドバンテージを作っていきます。

②合格発表までの期間を有効に使う!

本試験で思うような結果が出ずにリベンジを果たしたい場合でも、合格発表日まで、なかなか再スタートが切れない方が多いのではないでしょうか。しかし、11月14日の本試験から、1月26日の合格発表まで、2か月以上もあります。2022年へ向けてリベンジを決めたからには、この2カ月間を、有意義に使わない手はありません。
そこで、再受験生のための行政法☆強化プロジェクトでは、2022年合格へ向けて、先手先手のアドバンテージを作っていきます。

③具体的なケーススタディも取り入れて強化する!

行政法は、民法と比べて、抽象的でよく理解できないため、苦手意識を持たれている方が多い科目です。そこで、再受験生のための行政法☆強化プロジェクトでは、行政法を、具体的なケーススタディ形式で学んでいく、「ケースで理解する行政法」を実施します。
行政法を、具体的なケーススタディ形式で学ぶことで、苦手意識を払拭し、早いうちから記述式対策も行っていくことで、2022年合格へ向けて、先手先手のアドバンテージを作っていきます。

≪再受験生のための行政法☆強化プロジェクトラインナップ≫

① 2021 年版スタンダード講義、基本書フレームワーク講義、上級ファンダメンタル講義行政法の先取り視聴
 →本科生(本科生プラス)早期申込特典
②「ケースで理解する行政法」(全 15 時間)
 →本科生(本科生プラス)早期申込特典
③クロスリファレンス!行政法☆解法ナビゲーション
 →無料公開講座
④行政法☆重要判例分析講義【予告】
⑤行政法☆条文解析講義【予告】

ケースで理解する行政法!

1 内容
行政法は、民法と比べて、抽象的でよく理解できないため、苦手意識を持たれている方が多い科目です。そこで、行政法を、具体的なケーススタディ形式で学んでいく、「ケースで理解する行政法」を開講いたします。
行政法の記述式は、例年、少し長めの事例形式で出題されることが多いため、本講義を活用し、早いうちから少し長めの事例に慣れることで、記述式対策としても活用できます。
2 時間:15 時間
3 教材
 ① 土田伸也著「基礎演習行政法」(第2版)日本評論社(別売※各自でご準備ください)
 ② 重要ポイントノート
 ③ セレクト過去問集
4 受講料(税込) ★本科生(本科生プラス)早期申込特典【無料】

5 スケジュール

申込方法

リーダーズ総合研究所は、辰巳法律研究所と事業提携をしております。
講座のお申込みは、辰巳法律研究所にてお願い致します。